2児のパパが教える最強副業せどり 10万円講座!!

47歳でネットビジネスを始めた2児のパパが仕事をしながら副業せどりで次々と成果を出し、人生を変えて行く方法を教えます!!

【Amazon】保留攻撃の対処法!!

      2016/07/29

Amazonの保留攻撃とは

 

みなさん、こんにちは。えびおです。

 

みなさんはAmazonの保留攻撃

という言葉はご存じでしょうか?

 

何やら物騒な言葉ですがまずは

保留攻撃のことを説明する前に

通常の購入の流れを簡単に説明

させていただきます。

 

まずは出品者が出品している商品に

お客様が付くと次はどの様な支払い

方法にするか購入者さんが選べます。

 

ここで購入者さんがコンビニ払いを

選ぶとお支払い番号の発行日を含めて

最長7日間の支払い猶予日が出来ます。

 

ようは7日間は本当に買ってくれるのか

どうか商品が発送されることを祈って

ドキドキしながら待たないと行けません。

 

残念ながら購入者さんが7日間の間に

コンビニに支払いに行かなかった場合は

次の日に自動的にまた再販になります。

 

また、購入者さんがクレジット払い

選択していた場合は最長で14日間の

保留期間が発生します。

 

まあ、保留期間が多少長くても

最終的に買っていただければ全く

問題はないのですが

 

残念ながら最近はこの保留期間を

悪用して自分の商品を売りやすく

しようとしている人がいます。

 

どういう事かと言いますと自分より

安く出品している出品者や同じ位の

価格の出品者の商品を

 

買う気もないのにわざとコンビニ払い

や間違えたクレジットカードの番号

などで購入予約をして

 

ライバルを販売ページから一時的に

消してしまう悪質なやり方、これが

保留攻撃です。

 

例えば下図の例で言うと

自分が赤枠の6480円で出品して

いる出品者の場合、それより安い

 

6450円、6458円で出品して

いる商品は邪魔なので保留中にして

消してしまうやり方ですね。

 

11商品

 

保留攻撃のダメージとは?

 

実際に保留攻撃を受けるとどの様な

ことになるのか、簡単に説明します。

 

まずは当然ながら保留中ですので

当然、他の方への販売が出来ません。

 

最悪、7日間もしくは14日間は

再販売が出来なくなる可能性が

あります。

 

また、もっと怖いことに、この手の

嫌がらせはループ出来るという事です。

 

具体的に説明しますと例えばコンビニ

払いやクレジット払いの期間が過ぎて

再販売が出来る様になったとしても

 

また、同じ嫌がらせをする人が同じ

商品で保留攻撃が出来ると言うことです。

 

さすがに何度も同じことを嫌がらせで

やっていた場合はAmazonの方で動い

てくれる場合もありますが

 

1回目や2回目くらいだとAmazon

方も積極的には動いてくれないケース

が多いです。

 

また、保留攻撃による損害で怖いのは

販売機会の損失による価格の下落等

が考えられます。

 

特にトレンド物や季節ものなどの

商品の場合はその一時期だけ高値で

売れるみたいなこともありますので

 

その時期を逃してしまうことは、

場合によっては利益が取れなくなって

しまう可能性もあります。

 

 

実際にえびおが受けた保留攻撃!!

 

はい、実はえびおも実際に何度も

保留攻撃を受けています。

 

最近ですと、あるサプリメントで

一気に16個注文が入りました。

 

1個8000円から9000円で

販売されているサプリメントで普通は

1か月に1個の使用頻度です。

 

合計の価格も13万円~14万円位

の買い物になります。

 

どう考えても怪しいですよね!!

 

はい!1週間待たされてやっぱり

購入はされずにキャンセルで再販売

になりました。

 

また、同じ時期にある商品が30個

いっぺんに注文が入りました。

 

この商品も1個3000円から4000円

位しますし、何より普通の人は30個も

必要ないです。

 

この時は前回の16個保留攻撃された

サプリメントの経験がありましたので、

スグにAmazonテクニカルサポートに

連絡しました。

 

また、このブログを書いている(2016.7.26)

現在、えびおがFBAで出品している商品の在庫

をすべて保留注文されてしまいました(@_@)

 

商品数約60種類で100個以上の商品を

いっぺんに保留注文するなんて嫌がらせ

以外のなにものでもないですよね

 

 

保留攻撃の対応策と注意点!! 

 

まずは、基本的にFBAを使っている

場合ということでお話を進めさせて

いただきます。

 

もし、あなたがえびおと同じように

保留攻撃を受けた場合はスグにAmazon

テクニカルサポートに電話して下さい。

 

基本的に注文が入ってから少しの間であれば

テクニカルサポートの方で注文のキャンセル

を受け付けてくれます。

 

このテクニカルサポートでキャンセルが

出来る時間なのですが倉庫の方で商品の

発送の準備が完了してしまうと

受け付けてくれません。

 

時間にして大体、注文が入ってから

1時間から半日くらいの猶予しかない

と思いますので急いで下さい。

 

とは言っても夜の21:00以降に保留攻撃

をされて注文されるとテクニカルサポートは

やっていませんので連絡が取れなくなります。

 

しかし、倉庫は動いていますので夜中に攻撃

をされるとお手上げです。

 

対応策としては21:00以降は販売数の

多い商品は販売を停止するくらいしか思い

つきません。

 

ただ、テクニカルサポートのキャンセル

が時間的に間に合わなかった場合には

もうひとつ方法があります。

 

それはテクニカルサポートの担当の人に

言ってカスタマーサポートの方からの

キャンセルが可能かどうか確認して下さい

 

基本的にはカスタマーサポートに直接、

連絡してもダメで、動いてくれないと

思いますのでテクニカルサポート経由で

お願いしてみて下さいね。

 

カスタマーサポートでは合わせて購入者の

購入意思確認もお願い出来ますので、仮に

キャンセルが出来なくても購入意思確認は

行った方が良いと思います。

 

まあ、購入意思確認もAmazonの規定と

やらで詳しい内容は我々には教えて

くれないことが多いのが残念です

 

また、もう一つの問題と致しまして、

こちらからキャンセルの依頼をして

キャンセルを致しますと

 

購入者が評価をつけれる様になります。

 

この場合、嫌がらせで悪い評価を付けて

くるケースが充分に考えられます。

 

この悪い評価を消せるかどうかは担当部署

の判断になるとのことですので予めご承知

おき下さいね。

 

まあ、AmazonのFBAの担当の方とお話を

した限りでは色々な状況等は記録に残して

おいてくれる見たいですし、

 

その辺のところも担当部署も考慮はして

くれると思います。」とのことでしたので

恐らくは大丈夫ではないかな?

と思っています。

 

色々とご説明させていただきましたが、現状、

これをやっておけば絶対に大丈夫と言うもの

は存在しておりません。

 

一応、えびおは対応策のひとつとして

1回で買える商品の個数の上限を

決める個数制限を設定しています。

 

ただ、こちらも多少の効果はある様な

気がしますが、何回かに分けて注文

してくるケースが考えられますので、

 

やらないよりかは良いかな?

程度だと思っていてくれれば

良いと思います。

 

個人的にAmazonさんの方に「大量注文

の時は保留期間を短くして欲しい」とか

 

一度、保留攻撃をしてキャンセルをした

人は「しばらくの間、同じ出品者の同じ

商品は注文が出来なくして欲しい」

 

などの出品者側としての意見はお話させて

いただいているのですが、なかなか変えて

貰えるのは難しいかな?と思います。

 

結局のところ、自分の身は自分で守るしか

ないと思いますのでみなさんも気をつけて

下さいね。

 

もしこのブログを読まれている方で

保留攻撃等で困っている方がおりましたら

遠慮なくご連絡を下さい。

 

少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

 

あっと、そうそうAmazonカテゴリー解除の

最難関だと思われるビューティーカテゴリーに

ついて詳しく知りたい方はこちら

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

【Amazon】ビューティーカテゴリーの解除に成功!!  

 

 

★えびおのお役立ち情報★

 

現在、えびおのせどりの売り上げの大部分が

ドラックの商品によるものなのですが今回は

えびおが取り扱ったことのある商品の一部を

お見せ致します。m(_ _"m)

 

中には知的財産権に注意する商品

値下がりした商品などもありますので

あくまで仕入れは自己判断でお願い致します


えびおの商品リストはこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

http://fanblogs.jp/abo0101/

 

★最後まで読んでいただきましてありがとうございました★

スポンサーリンク

 - せどり

ツールバーへスキップ